2016年に会員の皆様へ公募いたしました「デジタルハリウッド校友会理事」につきまして、
ご立候補・ご推薦いただきました内容をもとにご相談・審議を経て、
次のメンバーにて理事会を構成することにいたしました。
また、現在役員構成(案)を次のようにいたしております。
会長、副会長は、2017年2月実施予定の総会を経て正式に就任となります。

<会長(案)>
小林久美子 氏(大学院5期生/2010年卒)

<副会長(案)>
船戸 賢一 氏(大学院1期生/2006年卒)

<理事>
猪野 祥仁 氏(東京本校/2001年卒)
小倉 以索 氏(東京本校/1997年卒)
根鈴 啓一 氏(京都校/2000年卒)
山本 隆三 氏(京都校/2001年卒)

<事務局長>
竹本 竜也 氏

<監事>
溝口 健司 氏

この度、メールマガジンを通じて理事に就任された皆さまより、ご挨拶をいただきました。
順々にご紹介したいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
 
この度、校友会理事に就任いたしました小林です。
現在、浅草で食品販売のお店を経営しております。
デジタルハリウッドでは、オンラインスクールと通学の専門スクールでWebデザイン基礎や、専門コースを受講し、その後、大学院でインターネットを主とするビジネスを学び、現在は大学院の森研究室に所属し、CSRや環境マネジメントを研究しております。

デジタルハリウッド校友会の今期活動で行いたいものとしては
1. 校友会をより多くの在校生、卒業生に知っていただくこと
2. 東京だけではなく全国でのイベント開催
3. オンラインスクールの在校生、卒業生のサポート活動
4. 大学在校生が積極的に参加できる校友会の仕組み作り

の4つの課題に取り組んでいく予定で、これまでよりも理事会の回数を増やし、事務局とも連携を密にしながら校友会活動をより活性化させたいと思っております。そのためには会員のみなさんの意見が必要となります。
どうぞ、積極的に校友会を利用してください。

これから、よろしくお願いいたします。

小林久美子
 
今期より理事を務めさせていただきます船戸と申します。
デジタルハリウッドとの関わりは2003年、当時プロダクトデザイナーをしておりました仕事柄、映像とCGの訓練のため専門スクールのVFX(総合Pro)コースに通いはじめたのがきっかけです。(1994年のスクール設立時にお茶の水を訪問致したことあるのですが、その時は杉山校長(当時)にご挨拶程度でした)折しもスクール卒業の2004年にデジタルハリウッド大学院が設立されることとなり、天啓のタイミングとばかりに1期生入学しました。そこでICTへの知見を深めつつ、デジタルハリウッドと更に深く関わることとなりました。修了を機に独立起業も経験させていただくこととなり、その後も映像監督等務めながら今日に至ります。
最近ではプログラミングスキル向上のため”G's ACADEMY”にも通っております。校友会に関しましては、イベント等の企画を通じて、東京集中で偏ることなく、日本各地の拠点からの活性化を主とし、世界へもひろがる卒業生同士の連携を広く深く繋げてゆければと考えております。
みなさまが校友会メンバーであることが誇りとなっていくような運営を心掛けたいと思います。
今後とも宜しくお願いします。

船戸賢一
 
   
www.dhaa.jp | Facebook | Twitter | アプリ iPhone版 / Android版
   
  〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-6
御茶ノ水ソラシティ アカデミア3F/4F
Mail : sec@dhaa.jp
つくってる?みらい Digital Hollywood Co., Ltd.